自然へと還る散骨という葬送方法

散骨とは、遺骨を細かく砕いて粉末状にしてから、海や山などに撒く葬送の方法です。


故人はお墓に埋葬するのが当然のようになっていますが、古来日本人は一部の貴族や武士階級をのぞいてお墓に入るという風習はありませんでした。
お墓に入るという風習は明治後期に広まった比較的新しい習慣といえるでしょう。



しかし最近になって、固定観念に縛られず、葬儀のスタイルを自由に決めたいという希望が増えてきて、散骨という方法を選ぶ人も多くなってきました。
散骨葬は人間が本来生まれた場所である自然に還りたいという要望を反映したものです。


従来の葬儀の方法を否定するわけではありませんが、生活者の価値観の多様化にともない、各人の考え方を尊重する時代に入ったといえるでしょう。
散骨は海洋葬と樹木葬の2種類があります。海洋葬は粉骨した遺骨を海に撒く方法です。


海は生命の故郷ともいえます。
海を見るとどこか癒される感じがするのは、そこが生命の故郷だと深いところで知っているからかもしれません。

OKWaveのココだけの話をしましょう。

そういった理由から、自分の骨を海に流してほしいと希望する人が増えてきました。
海に溶けていく遺骨を見て、故人が自然へと還っていくと実感される人が多いようです。

一方、樹木葬は霊園の敷地内の樹木のそばに遺骨をうめる方法です。基本的に骨壺は使用せず直接遺骨を樹木の下に埋めることが多いようです。

こちらも自然へと還ることのできる埋葬方法として人気となっています。