埋葬を必要としない散骨

category01

家族などが亡くなり葬儀が済んだ後は普通は納骨といってお墓に遺骨を埋葬します。ですが、このお墓の管理というのはなかなか大変なもので、元々先祖代々のお墓がある場合はまだましですが、一からお墓を建てるとなると費用もかかりますしお寺さんとの付き合いも負担となってしまいます。
そういった事もあってか近年お墓を建てない、お墓を閉まってしまうというケースが多くなっていますが、その場合遺骨はどうすれば良いのでしょうか?その選択肢の一つに散骨があります。



散骨は近年増えている自然葬の一つで主に海で行われる事が多いです。


以前は海に散骨する事は法律で禁止されており、それを望んだ大物俳優の遺族にも許可がおりませんでしたが、徐々に法解釈が変更されて、やり方、地域によっては法には触れないという事になりました。

口コミで評判のgoo ニュースの基礎知識をご説明をしたいと思います。

こうした自然葬は特定の墓標を持たないというのが特徴で、樹木葬などの場合ですとシンボルツリーというものを墓標の代わりにしますが、海や山への散骨ではそうしたものもありません。

故人が自然が好きで亡くなった後は自然に還りたいといった希望があった場合や遺族がそれを選択する場合もありますが、墓を守るといった負担をかけたくはないといった理由から選択する事も多いです。

ただし注意しなければならないのはきちんと許可された場所で行わなければ罪に問われるといったケースもありますので、きちんとこうした散骨を行える葬儀社などに依頼しなければなりません。



マナーの特徴紹介

category02

散骨を選択する場合、まずは、骨を粉にしないといけませんが、法的には、自分でやってもいいことになっていますが、親や、親族の骨を自分で粉々にするのは、精神的に大変です。業者に任せるほうがいいと思います。...

subpage

これからのマナー

category02

散骨とは、遺骨を細かく砕いて粉末状にしてから、海や山などに撒く葬送の方法です。故人はお墓に埋葬するのが当然のようになっていますが、古来日本人は一部の貴族や武士階級をのぞいてお墓に入るという風習はありませんでした。...

subpage

注目情報

category03

散骨というのは骨をお墓に埋葬するのではなく、粉状にした上で海や山などさまざまな場所にまくことです。散骨を規制する法律というのは今のところありません。...

subpage

納得の真実

category04

散骨は、日本国内で行われる様になって25年以上経過し世間の認知度はかなり上がっていますが、いざ自分が執り行うとなると割り切れない思いがあり、実施者の約80%の遺族が遺灰の一部を手元供養を行っています。散骨は、故人の意思を尊重しているとは言え親族が反対するケースも少なく無く、最終的には故人の遺骨の所有権を有す祭祀継承者が実施の決定を行う事になります。...

subpage