散骨のルールについて

散骨というのは骨をお墓に埋葬するのではなく、粉状にした上で海や山などさまざまな場所にまくことです。

散骨を規制する法律というのは今のところありません。そのため基本的には自由とはいえ、遺骨がまかれるというとあまり気持ちのよいものではありません。


それに、魚などを通じて口にすることになっても困りますし、事件性があると勘違いされて大騒ぎになるのも困ります。



マナーを守って行なうようにしましょう。

毎日新聞に関してわかりやすく説明しております。

必ず粉骨しないと、そのままの状態でまくのも禁止です。


地権者や建造物所有者がいるような場所や権利保有者がいるような場所の場合には、散骨をしたいなら事前に許可を得なければなりません。一部の市区町村においては条例により禁止しているところもあります。


人里から離れた場所だから大丈夫だろうと勝手に判断してまいているとトラブルの元です。
きちんと事前に調査を行なうようにしましょう。

ただ、誰にも迷惑をかけないような場所というのはなかなか見つけにくいもの。

その場所まで行くのも大変です。
将来的に売却する予定がなく、自分の土地であるなら自宅の庭にまくという手もあります。


故人が最も落ち着ける場所ですし、遺族もいつでも会いにいけます。


海や山に撒きたいというなら、そういったことを手伝ってくれる業者を探し出すようにしてもよいでしょう。

それなら船やヘリコプターを手配する手間も省けます。



団体の中に入れてもらって行なうのであればそれほどお金もかかりません。